建設コンサルタント・補償コンサルタント・測量業務・一級建築士事務所の精巧エンジニアリング株式会社

HOME > 事業案内 > 補償コンサルタント

補償コンサルタント

補償 山田関の江全景.JPG

確かな信頼であらゆる問題を解決。

公共事業によって道路等を造ったり拡幅したりするには、道路となる土地が必要となります。しかし、その計画地には既に建物や工作物・立竹木等が存在し、これらの移転が必要となるケースがあります。そこで、これらの物件を調査することによって、移転料を積算することが業務の一つとなります。
また、公共事業や民間の工事を行う際には、工事の振動や地盤変動等により近隣の建物等へ損失を招いてしまうことがあります。これらにより、事業施工主と地権者間でトラブルとならないよう、工事前後に近隣の建物等の状態を記録し、工事や事業の影響による損失であるのかを判断する調査を行う事も補償コンサルタントの業務です。

土地調査

P6030039.JPG

公共事業実施にともない、買収予定地の権利者・正式な所在・地番・地目・面積や境界線の調査を行います。補償業務の本格的なスタートとなる作業で地権者と初めて接触し、その後の補償交渉をスムーズに進めるための重要な位置を占める業務です。

用地平面図(縮小版).jpg

物件調査

建物調査.JPG
その土地にある建物や設備、一般工作物や特殊工作物、立木や庭石といった物件のさまざまな調査、移転工法の検討、補償金算定などを行う部門。ビル、マンションから木の1本にいたるまで、多種多様な物件を扱います。

機械工作物調査

ガソリンスタンドや工場、大規模プラントのような産業施設を担当するのが機械工作部門。設備や機能調査から移転工法の提案、補償金算定までをトータルに実施。主に大規模な機械・電機設備等が対象です。

営業補償・特殊補償

その土地で商店や工場を経営されている地権者に対して、営業面での補償業務を推進。農産物、畜産物、漁業権や鉱業権などの特殊補償業務も担当範囲となり、高い専門性が要求される部門です。

事業損失調査

事業損失.JPG事業損失 (2).JPG

公共事業実施にあたり、工事による振動、騒音、その他の影響によって周辺住民に対する有形・無形の被害を算定する補償業務。水枯渇や日照権の問題など、多くの資料、事例により公正・適切な補償を実現します。

採用情報.jpg

精巧エンジニアリング株式会社

〒879-5103
大分県由布市湯布院町川南11-3
tel.0977-85-3344
fax.0977-85-4423
info@seikoeng.co.jp